新築戸建て・マンション2022.10

札幌で家を購入するならマンションがおすすめ!理由や選び方のポイントを解説

札幌で家を購入しようと思った時、最初に悩むことはマンションにすべきか一戸建て(一軒家)にすべきかではないでしょうか。それぞれにメリット・デメリットがありますが、本記事ではマンションのメリットに着目し、札幌で家を購入するのであればマンションのほうがおすすめの理由を詳しくご紹介します。併せて、札幌でマンションを購入する時の選び方についても見ていきましょう。

タグ:
札幌で家を購入するならマンションがおすすめ!理由や選び方のポイントを解説

目次

関連記事

札幌で家を購入するならマンションがおすすめの理由

札幌で家を購入する場合、一戸建てではなくマンションのほうがおすすめの理由は次の通りです。セキュリティ面や建物の構造面など、一戸建てよりマンションをおすすめする6つの理由をマンションのメリットと併せてご紹介します。

【マンションがおすすめの理由】

  • セキュリティ設備が備わっていて安心
  • 気密性が高く暖房費も節約できる
  • 共用設備が充実しており立地・周辺環境にも恵まれている
  • 維持管理の手間を省ける
  • ワンフロアなので老後も安心
  • 眺望が良く日当たりや風通しの良さも期待できる

セキュリティ設備が備わっていて安心

マンションは、一戸建てに比べて防犯性が高い点がメリットです。エントランスや各住戸の玄関ドアにオートロックシステムが採用されていたり、マンション内に複数の防犯カメラが設置されていたりするなど、最初からセキュリティ設備が備わっている点は安心材料と言えます。

また、日中帯は管理人が常駐していてエントランスから入ってくる人を監視していたり、警備会社と連携して24時間のセキュリティサービスを提供していたりするマンションも少なくありません。さらに、マンションの中・高層階の部屋であれば、空き巣に狙われる可能性も低いでしょう。

一戸建ての場合も、防犯カメラや人感センサーライトを付けたりすることで、ある程度のセキュリティ対策は行えますが、自分ですべての費用を負担する必要がある上、機器の設置や設置後の管理といった手間が発生してしまいます。

このような費用や手間がかかることを考えると、入居時点ですでにセキュリティ対策が取られているマンションのほうが安心かつ経済的だと考えることができます。

気密性が高く暖房費も節約できる

鉄筋コンクリート造のマンションは、木造一戸建てに比べて、気密性が高い点もメリットです。気密性とは建物の密閉性を表す言葉で、コンクリートで造られたマンションは、躯体にすき間ができにくいため、その分、気密性が高くなります。

気密性が高いと、外気が室内に入りにくくなり、室内の空気も外に漏れにくくなるため、室内の温度を保ちやすく、結果的に暖房費の節約につながります。

なお、外気が室内に入りにくく、室内の空気も外に漏れにくいと聞くと、換気面で心配に感じてしまう方もいるかもしれませんが、2003年の建築基準法改正によって、すべての住宅に24時間換気システムを導入することが義務化されています。

そのため、札幌での家購入においてマンションを選ぶ場合は、比較的新しいマンションであれば、室内に汚れた空気がこもってしまう心配も不要です。

共用設備が充実しており立地・周辺環境にも恵まれている

最近は多くのマンションで、宅配ボックスや24時間いつでもゴミを出すことができるゴミ置き場などが共用設備として導入されています。

一戸建ての場合、留守中に荷物が届くと再配達の手配をしなければならなかったり、ゴミの収集日まで室内やバルコニーでゴミを溜めておかなければならなかったりといった不便さが発生しますが、このような共用設備のあるマンションを選ぶことで、生活の利便性を高めることができるでしょう。

また、グレードの高いマンションになると、エントランスに常駐しているコンシェルジュによる来客受付や荷物の発送代行などのサービスを受けられる場合もあります。そのほかにも、フィットネスジムやキッズルーム、ゲストルーム、シアタールームなど、魅力的な共用施設を完備しているマンションも増えてきました。

このような共用施設やサービスは、マンションならでの特権と言えるものなので、特に生活の利便性を高めたい方は、一戸建てよりもマンションのほうがおすすめと言えます。

さらにマンションであれば、駅まで徒歩10分圏内や地下鉄駅から直結している物件も多くあります。加えて、スーパーや病院、薬局、学校など、周辺環境に恵まれているケースが大半のため、一戸建てに比べてり立地条件の良さも期待できるでしょう。

維持管理の手間を省ける

マンションの場合、共用部の掃除や設備の点検・メンテナンス、建物の修繕などは基本的にすべて管理人や管理会社に任せることができます。冬場の除雪作業なども、建物周りや駐車場も含め業者に依頼しているマンションがほとんどのため、雪対策が必須の札幌でも気楽に暮らすことができるでしょう。

一戸建ての場合は、これらをすべて自分で対応しなければならない上、メンテナンス費用も定期的に発生します。出費を抑えたいがためにメンテナンスを怠ると、傷みがひどくなってかえって高額な費用がかかったりするリスクもあるため注意が必要です。

その点、マンションであれば建物管理のプロが日々適切なメンテナンスを行なってくれるため安心できます。大規模な修繕工事も定期的に行われるため、マンションの資産価値を保ちやすく、将来的に売却することになった場合も、一戸建てより高値で売りやすいといったメリットもあります。

ワンフロアなので老後も安心

ロフト付きやメゾネット式のマンションを選ばない限りは、マンションは基本的にワンフロア形式です。これは一戸建てと大きく異なる点と言えるでしょう。

札幌で家を買い、将来もその家に住み続けることを想定している場合は、老後の暮らしについても考えておかなければなりません。今は気にならない室内の段差や階段の上り下りも、高齢になるとストレスになる可能性が高いでしょう。特に一戸建ての場合は、1階と2階を行き来しながらの生活が基本となるため、身体的負担も大きくなることが予想されます。

このように、老後の暮らしも踏まえて考えた場合、一戸建てよりもマンションのほうがバリアフリー空間を作りやすいという点で有利だと言えるでしょう。最近のマンションは、室内に段差を作らないフルフラット形式が主流になってきているため、このような物件を選ぶことで、老後も安心して暮らすことができます。

眺望が良く日当たりや風通しの良さも期待できる

マンションは一戸建てに比べて、眺望が良い点もメリットです。高層階の部屋ともなれば、札幌の街の景色を眼下に見下ろして、贅沢な気分を味わうことができるでしょう。

また、中・高層階の部屋であれば、周囲の建物によって日差しが遮られてしまう可能性も低いと言えます。眺望が良いだけでなく日当たりの良さも期待できる上、ビルやマンションがよほど密集しているような地域でもない限りは、風通しも一戸建てより優れているでしょう。

さらに、低層の一戸建ての場合は外から覗かれてしまうリスクがありますが、マンションの場合は高層になるほどそのようなリスクも抑えられます。

<PR>

住宅購入でのお悩みは

三井のすまいモールへご相談ください

三井不動産グループが取り扱う物件情報をはじめ、
注文住宅やリフォームの情報が満載!

すまいモール北海道

マンション版:札幌で家を購入する時の選び方

札幌での家購入においては、一戸建てよりもマンションを選んだほうがさまざまな点で有利なことが分かりました。それでは、購入するマンションを実際に選ぶ際は、どのような点に気をつければいいのでしょうか。ここでは、札幌でマンションを選ぶ時のポイントをご紹介します。

【マンションの選び方のポイント】

  • 新築と中古のどちらにするか決めておく
  • 地下鉄の駅から近いマンションを選ぶ
  • 都市ガスを使えるか確認する
  • 角部屋や最上階は注意する
  • マンションの管理状況も要チェック

新築と中古のどちらにするか決めておく

札幌でマンションを購入することを決めたら、次に新築と中古のどちらを選ぶのかを考えましょう。新築マンションと中古マンションの主なメリット・デメリットは以下の通りです。何を優先したいかを明確にした上で、自分の希望を叶えやすいほうを選ぶことが重要になります。

新築マンションのメリット

  • 最新設備が導入されている
  • 修繕積立金が安く、仲介手数料もかからない
  • 良い条件で住宅ローンを利用できる

新築マンションのデメリット

  • 購入前に実物を確認できない
  • 市場価格の下落幅が大きい
  • 物件の選択肢が少ない

中古マンションのメリット

  • 立地条件の良い物件が多い
  • 資産価値を保ちやすい
  • 購入前に実物を確認できる

中古マンションのデメリット

  • 建物の構造や設備が古いケースが多い
  • 修繕積立金が高く、仲介手数料もかかる
  • 選べる階数や間取りが限られる

地下鉄の駅から近いマンションを選ぶ

通勤や子供の通学、買い物など、日常生活において電車を使うことが多い場合は、駅近のマンションを選ぶと生活の利便性を高められますが、札幌の場合は地下鉄の駅に近いマンションを選ぶことで、さらに便利になるでしょう。

冬場になると札幌の道路は雪で足元が悪くなりますが、地下鉄の駅がマンションの近くにあれば、雪の影響をあまり受けることなく駅まで移動できます。また、地下道を利用することで外気を直接浴びずに済むため、寒さ対策にもなります。

マンションを選ぶ際は、マンションだけに着目するのではなく、交通アクセスに関してもしっかりとチェックするようにしましょう。

都市ガスを使えるか確認する

札幌では、冬場の暖房器具の使用時間が長くなる傾向です。当然、その分だけ暖房費も高くなってしまうわけですが、暖房や給湯にガスを使用する場合は、都市ガスのマンションを選んだほうが節約できる可能性があります。

札幌で使うことができるガスは、大きく都市ガスとプロパンガスの2種類に分けられますが、プロパンガスは都市ガスに比べて料金が高くなってしまいがちです。ただし、プロパンガスはガス管が不要のため、どの地域でも利用できるといったメリットもあります。

一方、都市ガスは料金が安いことが最大のメリットですが、地中に埋まったガス管を通して供給される仕組みのため、マンションの地下にガス管を通す工事が必要になります。この工事が行われていないマンションは、そもそも都市ガスの利用ができないため、注意しましょう。

角部屋や最上階は注意する

マンションの角部屋や最上階の部屋は常に一定の人気がありますが、札幌の寒さ対策という観点では、このような部屋はあえて外したほうが良いかもしれません。角部屋や最上階の部屋は外気の影響を大きく受けるため、冬場は冷え込みやすくなります。実際、これが理由で最上階の角部屋が売れ残っているケースもあります。

また、2階などの低層階で1階部分が駐車場になっているような場合も、下から冷気が伝わってきて、室内が冷え込んでしまう可能性があるため注意が必要です。上下左右に誰かが住んでいる部屋のほうが、室内の暖かさを保ちやすく、結果的に暖房費を節約できる可能性が高いでしょう。

ただし角部屋や最上階は、眺望が良く騒音にも悩まされにくいといったメリットもあるため、何を重視したいかを明確にした上で、慎重に検討することが大切です。

マンションの管理状況も要チェック

札幌での家購入においてマンションを選ぶ場合は、管理状況についてもしっかり確認しておきましょう。例えば、冬場の雪かきは管理会社が行ってくれるのが一般的ですが、対応範囲がエントランスのみとなっている場合もあれば、駐車場まで広範囲にわたって対応してもらえる場合もあります。

また、駐車場にロードヒーティングが入っているマンションもあれば、入っていないマンションもあるでしょう。このようにマンションによって管理状況は大きく異なるため、どこまで管理してもらえるのかを事前に必ずチェックしておくようにしましょう。

札幌での家購入はマンションに決まり!

マンションは、一戸建てに比べてセキュリティ設備や共有設備が充実している上、気密性が高いことから暖房費を節約できるなどのメリットがあります。また、維持管理の手間を省けたり、眺望を楽しんだりできる点も、一戸建てにはない魅力と言えるでしょう。

さらに、資産価値が落ちにくい傾向があるため、将来的にマンションを売却する場合は一戸建てよりも有利に進められる可能性が高いです。逆に生涯にわたって住み続ける場合も、ワンフロア形式のマンションであればバリアフリー空間を簡単に作ることができ、安心して老後生活を送ることができるでしょう。

このようにマンションには日々の暮らしを便利にしてくれる要素が多数あるため、札幌での家購入において、利便性を重視したいという方には、特にマンションがおすすめと言えます。

関連記事

<PR>

住宅購入でのお悩みは

三井のすまいモールへご相談ください

三井不動産グループが取り扱う物件情報をはじめ、
注文住宅やリフォームの情報が満載!

すまいモール北海道

新築戸建て・マンションのオススメ記事

他の 「お役立ち」記事を読む

も!ロゴ
もっと!ロゴ
三井不動産グループ
北海道エリアの情報サイト

札幌駅や赤れんがエリアのイベントやグルメ・ショッピングの話題を中心に、「くらし」や「すまい」に役に立つ楽しい情報をお届けします。

三井のすまいモールロゴ

すまいの情報はこちら

三井のすまいモールは、三井不動産グループ各社の住まい情報をご覧いただけます。新たな住まいを求めている人・リフォームしたい人・売りたい人・貸したい人・それぞれに最適な情報をご提供します。