不動産売買・リフォーム2022.01

これからも、たのむよ。 - Rehouse Story Vol.4

それは「中古住宅を買いたいから、相談にのってくれ」というお電話でした。「はい、すぐにお伺いいたします。どちらにお住まいでしょうか?」と尋ねると、「○○病院の○号室」。え…?私は思わず聞き返してしまいました。「○○病院だよ。入院しているから病室に来てほしいんだ」。うーん、入院先から家を買いたいとおっしゃるには、何か事情があるかもしれない。私は電話を切るとすぐに店を出て、病院へと車を走らせました。

タグ:
これからも、たのむよ。 - Rehouse Story Vol.4

「やぁ、どうぞ」。病室へ入ると、ベッドからは割と元気そうな男性の声が。

日当たりの良い病室で、付き添いの女性がすぐに立ち上がり、中へと促してくれました。ベッドへ近づくと、全身包帯だらけの男性が横たわっていました。「交通事故でね、この通りさ」と、苦笑い。それが最初の出会いでした。お二人は、病院から遠く離れた、市外に住むご夫婦。社会人の娘さんと息子さんがいらっしゃいます。数カ月前事故に遭い、それ以来の入院生活。やむなく仕事も辞めたそうです。私は聞けば聞くほど、なんてひどい目に遭われたのだろうと胸が痛みました。が、淡々と話されるご様子には、不思議と絶望感や悲壮感はありません。私とは初対面だから、そのような姿を見せないだけかな?と思いながら、お話を聞いていました。「…そういう訳で。まだ入院には半年以上かかりそうだし、退院後も通院せにゃならんし。妻も市外の自宅から通うのが大変だからさ。思い切ってこの病院の近くに引っ越そうかって。だから、病院近くの一戸建てを探して欲しい」とのお話でした。「妻も通うのが大変」という言葉に、私はハッとしました。ご夫婦が住み慣れた土地を離れてでも、守りたいものは何か?そう、このご夫婦、いやご家族は、お互いを何より気遣っていたのです。妻は、これから長い間通院する夫を。夫は、それに付き添う妻を。子ども達も引っ越しに同意しています。交通事故でひどい目に遭っても、家族が心から支えてくれているから、絶望していないんだ。私はすべてに納得がいきました。「電話したらすぐに飛んできてくれたからさ。あなたに頼むよ」とのお言葉に私は「ありがとうございます。一日も早く引っ越されたいですよね。早速お探しします!」と約束をしました。

私はすぐに行動を起こしました。

目ぼしい物件の資料を手に、何度も病室へ足を運びました。まだ外出はできない状態ですから、気に入った物件の見学は、妻や子ども達が見に行きます。そんな時は直接行かなくてもなるべく内装が分かるようにと、私は部屋中を撮影して病室へお持ちしました。そして、気に入った物件が見つかり、本格的に購入を検討される時。「妻や子ども達が気に入ったなら、いいんだ」という、優しいその方らしいお言葉での、ご決断でした。ご自分はまだ数カ月の入院を予定されているなか、ご家族は引っ越されました。「妻も楽になったよ。住み心地も良いらしい。ありがとう!」ご自分は家をまだ見てもいないのに、それは嬉しそうに、ベッドの上からお礼を言われました。 それから約1年後。無事に退院されていたその方から、また私へお電話がありました。「娘夫婦の家探しをお願いできないかな」とのお話。早速お宅へ伺いますと、娘さんご夫婦含め、ご家族全員が揃って迎えてくださいました。娘さんご夫婦はご実家から近い場所が良いと言われ、ご希望通りの家を購入されました。それからさらに1年後。今度は「近所に良さそうな物件を見つけたんだ。息子のためにも、良い場所なので買っておきたいんだが」とのお問合わせ。私は早速売主様と連絡を取り、購入のお手伝いをしました。

その後も、家の設備で気になるところがあるとすぐ、私へ連絡してくださいました。

私はそういうとき、電話だけで業者手配はしません。まずは行って話を聞き、気になる箇所を自分の目で見るよう徹底しています。リフォーム業の経験もあるので、時にはその場で直してしまうことも。そういったこともあり、私は何度も、お宅へお邪魔しました。そんな時、息子さんは二階の部屋からわざわざ下りてきてくださり、ご夫婦は「食べてって!」とよくご飯をご馳走してくださいました。食事時の会話では、私の幼い息子の話も、それは楽しそうに聞いてくださったものです。ある時、「あなたはいつも素早く、丁寧に対応してくれるから安心だ。これからも土地のことや家のこと、何かあればよろしく頼むよ」とのお言葉に、私はご家族のパートナーとして末長く頼っていただけるよう頑張ろうと、心に誓いました。 最近しばらくお会いしていないなぁ、と思っていた先日。久しぶりにお電話をいただきました。「実は飲食店をはじめたんだ。今度食べにおいでよ」。声を聞いて、あぁ、お元気そうだな、と嬉しくなりました。必ず行きますとも!おいしいお料理を味わいに、そして、きっと相変わらず仲の良いご家族の、近況をお聞きしに。私は手帳にしっかりと、お店の場所をメモしました。

大切な不動産だからこそ、売却も賃貸も三井のリハウスで

三井のリハウスが選ばれる理由

三井のリハウスが選ばれる理由 三井のリハウスが選ばれる理由 三井のリハウスが選ばれる理由
三井不動産レジデンシャル

ご売却される際の判断や住みかえの資金計画を立てるには、適正な市場価格を把握することが重要です。三井のリハウスでは、提案価格に近い金額でのご売却、しかも2ヵ月以内でのご成約を多くの物件で達成しています。まずはお気軽にご相談ください。この街を熟知した三井のリハウスが価格提案させていただきます。

三井不動産リアルティ
住所
札幌市中央区北2条西4丁目1札幌三井JPビルディング17F
営業時間
10:00~18:00 
定休日
日曜日・水曜日

2021年4月1日(木)2店新規OPEN!

三井のリハウス
住所
札幌市北区北7条西4丁目1-2KDX札幌ビル 1F
電話
0120-321-551
営業時間
10:00~18:00 
定休日
火曜日・水曜日
三井のリハウス
住所
札幌市北区麻生町5丁目2-1モンブリック麻生 1F
電話
0120-321-764
営業時間
10:00~18:00 
定休日
火曜日・水曜日

不動産売買・リフォームのオススメ記事

他の 「お話」記事を読む

motto!ロゴ

もっと!とは

せっかくの休みなのに何にも予定がない!家族で出かけたいけれど何か楽しいイベントないかな?など、札幌市内および近郊で開催されるイベントやお得なショッピング情報、楽しく時間を過ごすための知識やヒントまで、明日何する?と思った時に役立つ情報を集めてみました。

三井のすまいモールロゴ

すまいの情報はこちら

三井のすまいモールは、三井不動産グループ各社の住まい情報をご覧いただけます。新たな住まいを求めている人・リフォームしたい人・売りたい人・貸したい人・それぞれに最適な情報をご提供します。