お買物・グルメ2021.03

赤れんが テラスの旬な情報をお届け - Akaterra PRESS〈アカテラプレス〉No.1

「新しい感性と出会う、札幌の中庭」をコンセプトに、魅力あふれるレストランやカフェ、ショップなどが集まる「赤れんが テラス」。札幌駅と大通公園の中間に位置し、赤れんが庁舎を一望できる「眺望ギャラリー」やフリースペースの「アトリウムテラス」など、都会にいながら自然を感じられるような札幌市民にも愛される名所です。そんな赤れんが テラスから季節ごとにお届けする「Akaterra PRESS〈アカテラプレス〉」、今回は至極のフランス料理を味わえる「レストランMINAMI」と、全国へ北海道の美味しさを伝えるカフェ「椿サロン」をご紹介させていただきます。 ※本記事の内容は2020年.冬の情報になります。

タグ:
赤れんが テラスの旬な情報をお届け - Akaterra PRESS〈アカテラプレス〉No.1

目の前のお客さまを喜ばせたい。その思いから生まれる料理と空間。

 店内に入ると、その細やかな空間づくりにまず驚かされます。道庁赤れんが庁舎の趣ある風景、壁一面の窓からふりそそぐ光、絵画や花といった彩りに、スタッフのホスピタリティー。そこには、お腹だけではなく、心も満たされる非日常的な空間が広がっています。
 レストランMINAMIの料理は、みずみずしい朝どれ野菜や、身の引き締まった新鮮な魚介類など、北海道産のものを中心に世界中のおいしいものを取り入れています。「いまのフランス料理のモードはボーダレスです。うちのメニュー名は素材表記だけ。何が出てくるのかワクワクしてほしいし、同じ食材でもその時々で変化させたいんです」と話す南シェフ。
 料理とワインのペアリングプランなど、常連の方はもちろん、フランス料理初心者にもやさしいサービスが設定されている。「僕が大切にしているのは、おいしい料理の三原則。一つ目は、いいものを選ぶこと。それは仕入れ先と信頼関係を築くことでもあります。毎日通い、思いを伝え合うことでお互いの求めることがわかるようになる。二つ目は、味付け。料理の最大の調味料である塩をふるタイミングや加減です。言葉は簡単でも、これが奥深い。三つ目は、火入れ。食材に対し、焼く、煮るなど、どの方法がベストか見極める目が大切です。シンプルでわかりやすい料理を心掛けているので、初めての方もお誕生日などに足を運んでくれたらうれしいですね」。
 最後に、メニューのアイデアを尋ねると、「実は、自分が食べたいものなんです」とにっこり。ひとを喜ばせるには、まず自分から。一皿に、空間に、シェフとスタッフの熱意と「ひとを喜ばせる喜び」が込められています。

〈仔羊・トマト・バジル〉 柔らかなで繊細な肉質のフランス・ロゼール地方産仔羊を使用。トマトの中にバジルバターをつめ、一緒にくずし、ソースとして楽しみます。

料理長南 大輔プロフィール

1968年生まれ、北海道・札幌市出身。1989年㈱ひらまつ入社。ひらまつの創業者であるシェフ平松宏之の愛弟子として長年研鑽を積み、多くのひらまつレストランにて料理長を務めた。2017年に「リストランテ イル・チェントロ ひらまつ」の料理長に就任。2018年9月より、自身の名を冠する新店「レストランMINAMI」にて料理長として腕をふるう。真摯に料理に向き合う、ひらまつを代表する料理人。

フランス料理レストラン MINAMIレストランミナミ

住所
北海道札幌市中央区北2条西4丁目1番地 赤れんが テラス 4F
電話
011-252-3471
営業時間
ランチ :11:30-15:00(LO13:30) ディナー:17:30-23:00(LO20:30) ※月曜定休
ご予算
ランチ :3,000円〜 ディナー:8,000円〜 平日限定で6,500円ディナーコースもご用意 ※消費税・サービス料10%別

北海道と無添加を追い求めた、やさしく、懐かしい味。

 北海道のシンボルとも言える道庁赤れんが庁舎を臨むロケーションで、本物の北海道の恵みを味わってほしい。そんな思いから生まれたのが「北海道ほっとけーき」。
 メニュー名のとおり、食材はすべて北海道産で、小麦粉、小麦粉でんぷん、卵、てん菜糖、塩といたってシンプル。見た目もシンプルで、無添加であることをなにより大切にしています。ふっくらさせるコツは、一枚一枚、やさしく返しながら、時間をかけて焼き上げること。ぷるぷる揺れる焼き上がりに、お客さまから歓声が上がることも。
 「ほっとけーきと一緒に、店内のいたるところに散りばめた”北海道”も楽しんでほしいです。満ち足りた時間を過ごしてもらえたら」と話す統括マネージャーの高田さん。
 お店が男女問わず人気なのは、おいしさはもちろん、空間の持つ雰囲気にもあるのかもしれません。

一番人気の「北海道ほっとけーき プレミアム」1,750円(ドリンク付・税込)。トッピングも、北海道産のバターとてん菜糖蜜、十勝産のチーズや小豆など、とことん北海道と無添加を追求。食事としても楽しめる「北海道ほっとけーき ボロネーゼ」1,950円(ドリンク付・税込)もあり。
「北海道ほっとけーき メロン」1,950円(ドリンク付・税込)。期間限定のほっとけーきは、北海道の季節のおいしさも取り入れて。

カフェ・バー 椿サロンtsubaki salon

住所
北海道札幌市中央区北2条西4丁目1番地 赤れんが テラス 1F
電話
011-222-2000
営業時間
ランチ :
〈月〜金〉11:00-18:00(LO17:30)
〈土日祝〉10:00-18:00(LO17:30)
ディナー:
18:00-23:30(LO23:00)
ご予算
ランチ :1,400円 ディナー:2,400円

お買物・グルメのオススメ記事

他の 「お知らせ」記事を読む

motto!ロゴ

もっと!とは

せっかくの休みなのに何にも予定がない!家族で出かけたいけれど何か楽しいイベントないかな?など、札幌市内および近郊で開催されるイベントやお得なショッピング情報、楽しく時間を過ごすための知識やヒントまで、明日何する?と思った時に役立つ情報を集めてみました。

三井のすまいモールロゴ

すまいの情報はこちら

三井のすまいモールは、三井不動産グループ各社の住まい情報をご覧いただけます。新たな住まいを求めている人・リフォームしたい人・売りたい人・貸したい人・それぞれに最適な情報をご提供します。